banner

健康面の問題

真性包茎の場合は、男性の健康面の問題から、包茎の治療を薦められます。
長期間、亀頭が周りの皮に包まれていますので、恥垢がその間にたまったり、自ら皮を剥いてケアができないため、病気にかかりやすくなってしまいます。
真性包茎を治すには、手術をするのが一般的になっています。
ホームページなどでは、自力で治療する方法が紹介されている所もありますが、行う場合は
全て自己責任ですので、完全に治るという保証もなく、最悪の場合は危険を伴います。
なので、完治を目指すのであれば、可能な限りきちんとしている医療施設で治療してもらいましょう。
真性包茎の場合の治療方法は、亀頭を包んでいる部分の皮の余剰な部分を切除、縫合をします。陰茎自体にメスは入れないので、手術によって性器の機能に問題が生じることはまずありません。
しかし、亀頭が包皮に包まれている期間が長期間であったりすると、双方が癒着を起こしている場合があります。
医療機関、医師、健康保険の問題などとならんで、心配事として挙がってくる声は
術後の見た目の問題です。包茎手術後の傷跡が目立たないやり方をしてくれるということは
いい医者探しにもつながってきます。
真性包茎の手術には保険が適用されます。保険で治す場合、機能面での回復を重視する傾向があり、手術後の傷跡の具合はあまり気にかけてもらえない場合もあるそうなので、もしかしたら手術の跡が目立ってしまう場合もあります。
いざ、真性包茎の治療のため、手術を決めたら、手術の後の傷跡の事も医師に言及しておくことをお勧めします。悔いの残らない手術にしましょう。

感度が鈍くなる

人の悩みとは様々です。包茎で悩んでいる傍らで、常に亀頭が露出していることにコンプレックスを持っている人もいるようです。
そして、その悩みにこたえる、つまり包茎にする手術も存在します。
包茎でないことのデメリットとして、常に亀頭が外部の刺激にさらされているので、感度が鈍くなることがある点です。また、神経が集中する包皮の先端を切ったことで感覚が鈍るとも言われています。
包茎にする手術を望むのは、女性側に多いらしいです。
男性には、「包茎だとかっこ悪い」というイメージが根強いために、女性側から手術を薦められても、手術に踏み切らない場合が多いそうです。
なぜ、女性側からこのような意見が出るのでしょうか。
それは、亀頭が常に出ている状態のペニスは感覚が鈍っているため性行為の時は激しくなりがちです。女性からすれば負担がとても大きく、長い付き合いならば、それは積もるばかりだからです。
以上の理由により、男性は女性が包茎にする手術を切り出すということは、女性は限界まで来ていると悟るべきでしょう。
日本においては包茎手術を受ける人はいても、包茎にする手術を受けるひとは、ほぼいません。しかし、米国などの外国には少なくないらしいです。
日本に根付く包茎は恥だという意識を見直し、今後の事も考慮していきましょう。
男のプライドのために、大切なパートナーを苦しめてしまっては、本末転倒ですよね。
女性側の気持ちも考えていきましょう。
包茎に悩むあなたに|安全な知識で選ぶクリニック

包茎手術|包茎|宮崎|熊本|鹿児島三井中央クリニックメンズ
鹿児島三井中央クリニックメンズ
Copyright (C) 2013-2016 真性包茎治療法 All Rights Reserved.